HOME > 基本情報トップ > 主要なビジネススクールと特色

基本情報 General Information

主要なビジネススクールと特色

日本、アメリカ、ヨーロッパの、おもなビジネススクールのリストと、それぞれ特徴を掲載。自分の描くキャリアパス、環境、条件と照らし合わせて、最適な学校を見つけよう。

■日本の主要なビジネススクール

筑波大学大学院
(東京)
国公立/ビジネス科学研究科 経営システム科学専攻/1989年プログラム開始/夜間・土曜/日本における社会人大学院のパイオニア。2006年度から始まった マーケティング&ストラテジック・マネジメント、 ファイナンス&アカウンティング、 オペレーションズ・マネジメント、 ビジネス・インフォマティクスの4つのプログラム体制で今日的課題に対応する教育が施される。
一橋大学大学院
(東京)
国公立/商学研究科 経営学修士コース/1996年プログラム開始/昼間/北米流のMBAトレーニングだけでなく、日本社会の企業におけるデファクト・スタンダードとしての経営手法を学びながら、深い思索をめぐらすことのできる能力を備えた人材の育成を担う。優れた経営者から実践的な経営哲学を学ぶ講義や、受講生が自ら問題を設定する機会も豊富に用意。ほかに、英語で授業を行う「国際企業戦略研究科」もあり。
首都大学東京大学院
(東京)
国公立/社会科学研究科 経営学専攻 高度専門職業人養成プログラム/2003年プログラム開始/夜間・土曜/戦略的事業を構想、実現するために、既存の組織と制度を変革したり、新たな組織や制度を構築しうる高度専門職業人と、経営実務に精通し、深く理論的な思考ができる独創的な研究者を養成する。
慶應義塾大学大学院
(東京)
私立/経営管理研究科 経営管理専攻/1978年プログラム開始/昼間/日本初の2年制MBAコース(大学院修士課程)として設立。カリキュラムは大きく分けて、基礎科目、専門科目、ゼミナールの3つから構成され、総合的能力を基盤とした専門的能力を育成している。多くの海外有力校と提携。
早稲田大学大学院
(東京)
私立/商学研究科 ビジネス専攻 マネジメント専修(夜間主)/2004年/夜間・土日/大学教員からの一方向的な授業ではなく、研究者と実務家が情報交換し合いながら、MBA取得を目指す新しいスタイルのビジネス教育を行う。カリキュラムは「共通基礎科目群」とテーマ別モジュールの「専門科目群」から成る。ジェネラルマネジメント能力と特定分野の専門性を備えた高度専門職業人を養成。
多摩大学大学院
(東京)
私立/経営情報学研究科 経営情報学専攻/1993年プログラム開始/夜間・土曜/必修科目はなく、各学生それぞれの問題意識にもとづいて自由に授業科目を選ぶことができる。教員1人あたり2.3人の学生という、徹底した少人数教育を採用。日本人のための日本標準MBAを目指す。
法政大学大学院
(東京)
私立/イノベーション・マネジメント研究科 イノベーション・マネジメント専攻/2004年プログラム開始/昼間・夜間・土曜/短期化したビジネスの変革のサイクルに対応するため、1年制を主体に、2年制も併設したビジネススクール。ビジネスで最も求められている、企業経営とIT戦略の両方を理解する人材の育成に重点を置いている。
立教大学大学院
(東京)
私立/ビジネスデザイン研究科 ビジネスデザイン専攻/2002年プログラム開始/昼夜/専攻のカリキュラムの柱のひとつが、1年次の必修科目であるビジネスシミュレーション。グループで行なうビジネスゲームであり、WEBを活用したリアルタイムの教育プログラムとなっている。企業経営の諸機能を理解し、総合的意思決定ができるビジネスリーダーを養成。
グロービス経営大学院
(東京、大阪)
私立/経営研究科 経営専攻/2006年プログラム開始/夜間・土曜・日曜/企業の「ケース」を基としたケースメソッドによるディスカッション中心の講義スタイルで、経営者の視点で思考と判断の訓練を繰り返す。教授陣は実務家が多数。実務経験3年以上の社会人が対象。
国際大学大学院
(新潟)
私立/国際経営学研究科 国際経営学専攻/1988年プログラム開始/昼間/日本初の英語による本格的なMBAプログラムを擁する経営大学院としてスタート。世界のMBA教育に共通する知識体系とその統合的な活用能力の育成を行いながら、カリキュラム面では日本とアジアに視座を据えた国際的な比較分析を積極的に取り入れ、日本のみならずアジア地域を代表するビジネススクールとして高い評価を受けている。
名古屋商科大学ビジネススクール
(愛知)
私立/経営情報学研究科 経営情報学専攻/2004年プログラム開始/土曜・日曜/戦略的意思決定に求められる知識・スキルを、ケースメソッドによって体系的に修得する「土日祝開講型」の特別プログラム「Weekend MBA」を展開。「企業倫理教育」を重視し、実際の事件をケースに、企業経営者が陥る倫理上の問題を扱う講義を提供している。
立命館アジア太平洋大学大学院
(大分)
私立/経営管理研究科 経営管理専攻/2003年プログラム開始/昼間/授業は全て英語で行う。日本初の本格的な国際大学で、世界の75カ国・地域から学生と教員を受け入れている。 米国MBAのメソッドでアジア太平洋地域のケースを用いるユニークなカリキュラムを展開。
ビジネス・ブレークスルー大学院大学
(オンライン)
私立/経営学研究科 経営管理専攻/2005年プログラム開始/e-ラーニング/大前研一氏が学長を務める。オンデマンド方式によるブロードバンド映像講義と、サイバークラスルームでのディスカッションよるトレーニングが主体。働きながら、実戦で即役立つMBAを取得することができる。
ボンド大学大学院ビジネススクールBBT MBA
(オンライン)
外国大学/経営学研究科 経営管理専攻/2001年よりプログラム開始/e-ラーニング/経営の勉強を真に必要とするビジネスパーソンが、長期間仕事を休まずに、一流の教育環境のもと正式な海外MBA取得を可能にしたMBAプログラム。アカウンティング、ファイナンス、ビジネスプラン(新規事業戦略立案)などは、ボンド大学の教授陣が英語で行う授業を受講するが、一部日本語で実施する授業もある。
マギル大学MBAジャパン
(東京)
外国大学/国際経営学修士課程(MBA)日本プログラム/1998年プログラム開始/土曜・日曜/カナダの名門マギル大学のMBAプログラムを取得可能。基本的に授業はすべて英語で行われ、協調的グループワーク、ディシジョン・メイキング・システムなどを重視した講議、ケースアナリシス、ロール・プレイなどを含む授業等、本校と同じプログラムを受けられる。学生の半分は外国人で構成され、国際性豊か。
テンプル大学ジャパンキャンパス
(東京)
外国大学/MBAプログラム/1996年プログラム開始/土曜/講義は全て英語。米フィラデルフィア本校と同じプログラムで、仕事を続けながらアメリカのMBAを取得することができる。プログラムのスタートを年8回設けてあり、年間を通しての出願が可能。
英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA(日本語)プログラム
(東京、大阪)
外国大学/MBA(日本語)プログラム/2003年プログラム開始/土曜/日本語による土曜日のスクーリングと平日の在宅ワークにより、キャリアを中断せず英国立大学のMBAが取得できる。日本と欧米の経営環境、社会環境の違いを考慮したカリキュラムが提供される。

基本情報トップへ

<著作権について>

本サイトにて提供している情報および画像の著作権は、アイティメディア株式会社または情報提供者に帰属します。著作権法にて定める個人の私的使用の範囲を超えて情報等を利用したり、転載、使用、複製、配布、変更等を行うことはできません。

<免責事項>

本サイト上で提供する情報、データ等については、当社が正確であると判断した資料に基づき作成しておりますが、当社はその正確性、有用性、正確性、確実性、安全性等を保証するものではありません。本サイト上の情報等の利用に際しては、ご自身にて判断ください。